トップページ > スタッフコラム > 新瑞橋店 > 中古物件の選び方:ロケーションと設備のポイント

スタッフコラム

2024.02.20

中古物件の選び方:ロケーションと設備のポイント

こんにちは。

 

今回は中古物件を選ぶ際のポイントの中でも特に、

ロケーションと設備という部分に焦点を当ててお話ししようと思います。

 

1. 理想のロケーション

まず、理想とするロケーションを明確にしましょう。

学校、仕事場、公共交通機関、ショップ、その他施設など、ご自身の生活にとって重要な場所へのアクセスがよい場所を選びます。

アクセス面だけでなく、周辺環境もロケーション選択では大切にしたいポイントです。

 

2. 予算設定

物件の価格は予算に合致しているかを確認しましょう。

予算・立地・設備のバランスが大切です。

 

3. 設備とコンディション

中古物件の設備やコンディションに注意を払いましょう。

水回り、電気設備、屋根、外壁などが良好であるかどうかを確認します。

 

4. リフォームの必要性

リフォームが必要な物件である場合、その費用と手間を評価します。

手を加えた後の将来の価値を見据えて判断しましょう。

 

5. 周辺環境

近隣の環境や地域の安全性、治安について調査し、生活の品質を確保するための情報を収集します。

 

6. 将来の需要を考慮

物件を将来的に売却する可能性がある場合、需要の高いエリアや癖のない物件を選びます。

 

7. 物件の履歴

前の所有者や修繕の履歴を確認します。

 

8. 専門家のアドバイス

不動産エージェントや建築家と協力し、専門家のアドバイスを受けましょう。

 

 

中古物件の選択は慎重に行う必要があります。

まずはご自身でも検討しやすい、ロケーションと設備に焦点を当て、将来の生活を快適にするため物件探しを行いましょう。

興味のある物件がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ