トップページ > スタッフコラム > 新瑞橋店 > 中古物件の立地選びのポイント

スタッフコラム

2024.03.20

中古物件の立地選びのポイント

中古物件を購入する際、物件の立地は非常に重要です。

立地選びの正しいポイントを理解することは、不動産投資の成功に大きく影響します。

そこで今回は、中古物件の立地選びにおける重要な要因と考慮すべきポイントについて、お話しします。

 

 

1. 地域の成長と需要

物件が位置する地域の成長率と需要を調査しましょう。

新しい施設や交通インフラの整備、学校やショッピングセンターの近くにあるかどうかを確認し、将来的な価値向上を見込みましょう。

 

2. 交通アクセス

交通アクセスが便利であることは大切です。

公共交通機関のアクセス、高速道路への近さ、駐車施設の有無などを確認しましょう。

 

3. セーフティと環境

犯罪率や治安、環境の質を調査しましょう。

安全な環境であることは居住者やテナントにとって重要です。

 

4. 学校と教育

子育て中の家族にとって学校の質や教育施設へのアクセスは重要です。

近くに良い学校があるかどうかを確認しましょう。

 

5. 周辺の施設とアメニティ

ショッピングセンター、医療施設、公園、レジャーエリアなど周辺のアメニティが充実しているかどうかを確かめましょう。

 

6. 将来の開発計画

周辺地域における将来の開発計画や都市計画を調査しましょう。

新しいプロジェクトやインフラ整備が計画されている場合、物件の価値が上昇する可能性があります。

 

7. 自然災害のリスク

地震、洪水、火山噴火などの自然災害リスクを評価しましょう。

物件が適切なリスク管理策を備えているかどうかを確認し、適切な保険を検討しましょう。

 

8. 税制と法的規制

物件が所在する地域の税制度や法的規制について理解しましょう。

不動産取引における税金や規制がどのように影響するかを把握しましょう。

 

 

 

中古物件の立地は、不動産価値や投資収益に大きな影響を与えます。

ご自身ですべて判断するのは難しい部分もあるかと思いますので、お気軽にご相談下さい。

ページの先頭へ